怖いイメージ?手を出したらやめられないのではという勘違い

CBDオイルって怖いイメージ?手を出したらやめられないのではという勘違い

海外ではCBDオイルはかなり普及していますが、日本ではまだそれほど知名度は高くありません。

違法なのでは、と心配している人もあれば、依存性があるのではないかと考えている人もいます。

それゆえ、興味はあっても、使用するのは怖いと感じている人もあるのではないでしょうか。

まず、麻の種は食品としても使われており、日本国内においてもCBDは合法で使用が認められています。

医薬品やサプリメント、化粧品など様々な分野で注目されています。安全性の高いサプリメントとなっていますので、使用してもキマルことはないので安心です。

一度手を出したらやめられないのではないかと心配する人もあるかもしれませんが、離脱症状もないので体に合わないと感じた場合はそのままやめることもできます。

安全性に優れたサプリメントなので、健康な人が使用するにあたっては影響はほとんどないといえるでしょう。

とはいえ、やはり注意点はあります。購入する際は、品質や成分はしっかりと確認して安心して使える商品を選ぶことが大事です。

海外ではTHCが含まれているものでも微量であれば販売できますが、日本では濃度基準がないこともあり少しでも検出されると規制の対象になります。

それゆえ、注文する際も信頼性の高いメーカーのものを選ぶことが大事です。

体に合わないと感じた場合はやめても特に健康にも変化はない

CBDは安全性の高いサプリメントとして、リラックスなどに役立てられています。例えば、大量にお酒を飲んでいた人が急にそれをやめると離脱症状が出やすいとされています。

手の震えや不安感、幻聴などが出ることもあり、再びお酒に手を出してしまう人も少なくありません。それゆえ、一度使うとやめられないのではと心配している人もあるのではないでしょうか。

THCの場合は向精神作用があることもあり、人によっては離脱症状が出る可能性もあるとされています。これに対してCBDには向精神作用はないとされていますので、中毒や離脱症状もないとのことです。

それゆえ、体に合わないと感じた場合はやめても特に健康にも変化はないとされています。とはいえ、やはり注意点はあります。何等かの疾患にかかっている人や薬を飲んでいる人はCBDによって、薬の副作用や疾患の症状が抑えられている場合もあります。

その場合はやめてしまうと、疾患の症状や薬の副作用が出る可能性もあるとのことです。大量に摂取している人は、急にやめると副作用が出る可能性もありますので、やめるときは少しずつ量を減らしていくことがおすすめです。

大量の摂取は控え、日頃から適正な量を守ることも大事です。