タグ: 吸いすぎ

CBDオイルを吸いすぎると?中毒症状に陥る可能性はかなり低い

CBDオイルを吸いすぎるとどうなる?中毒症状に陥る可能性はかなり低い

医薬品やサプリメントは、大量摂取が認められていません。

致死量があるので一気に摂取すると命の危険に関わるので、絶対に用量用法を守らなければいけません。

しかしCBDに関しては、大量摂取しても問題ないとされています。

中毒症状が現れることはないとされており、海外の文献によると1日に1,500mg摂取しても健康への絵画はないとする報告があります。

1,500mgというのは、オイルのボトルに換算するとだいたい2本分以上です。

スタンダードな6.6%、10mlのボトルで2本分以上になりますから、実際にこれほどの量を1日に摂取する人はいないでしょう。

ですから通常の使い方をしている限りは、大量摂取して中毒症状に陥る可能性はかなり低いと言えるでしょう。

しかし気をつけておきたいのは、CBD製品の効果や副作用は人によって異なるという点です。

効果や副作用には個人差がありますから、一般的には大丈夫な量でも使った本人には過剰摂取になる可能性はあります。

ですからCBD製品を使用するときには、自分にとって適切な量を見極めるのが大切です。

適切な量を飲んでいる限りは、中毒症状など危険な副作用は限りなく感じなくなり安全に使えます。

脂肪細胞に蓄積する性質があるので、一般的には体脂肪が多い人ほど体内に残りやすい

一般的にCBDが体内に蓄積される日数は、2日から5日です。

しかしさまざまな要因によって日数は異なるので、使った翌日には消えることもあれば1週間以上残り続けるケースもあります。そのため明確な時間を示すのは難しく、ハッキリと断言はできません。

蓄積日数に影響するのは、摂取した量や頻度です。

量が多ければ多いほど体内に残りやすくなりますし、使用頻度も多いほど長くなります。

逆に少量や必要なときだけ使用しているなら、残りにくくなるでしょう。

使用する人の身長や体重、水分量や代謝の効率など体質に関わる部分も、大きく影響する要因です。

CBDは脂肪細胞に蓄積する性質があるので、一般的には体脂肪が多い人ほど体内に残りやすいとされています。

摂取したタイミングや食事量なども、大きな影響を及ぼすポイントです。

一般的には満腹時よりも空腹時の方が早く吸収・消化されるので残りにくく、反対にお腹がいっぱいのときに使うと体内の滞在時間は長くなるとされています。

その他にも摂取方法によっても異なり、体内に残り続ける時間や日数はさまざまな要因によって決まります。

CBDがいつまで体内に残るのか気になるなら、これらの要因を考えてみましょう。